カートをみる 会員登録・マイページへ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

楽天スーパーポイント,プーアール茶
楽天ペイ

━━ お知らせ ━━ 1ポイント=1円 1ポイント=1円 1ポイント=1円   お買い物は会員登録してからがお得です。 冷茶もおいしい純国産 しずおかプーアール茶は、静岡県川根産茶葉使用の完全発酵茶です。 全品送料無料でお届けしております。(沖縄県・離諸島を除く) 純国産 しずおかプーアール茶 リーフタイプ"あやか” 200g入り 2,800円 一袋で40リットル以上抽出できます。美味しいです。人気急上昇中です。お茶専用ドリップフィルターとティースプーンが付いてます。 新規会員登録(無料)で150ポイントプレゼント。初回お買い物からご利用いただけます。 純国産 しずおかプーアール茶・有機栽培茶ご購入のお客様へ、外装ラッピング・のし紙を無料ご提供中。ご希望の方はご注文時に該当項目を選択してください。 お茶のあや香園・・・おちゃのあやかえん

国産 プーアール茶 国産 プーアール茶 国産 プーアール茶


茶の種類と世界の茶

■  お茶の種類

普通煎茶

新芽を蒸して揉み、乾燥したもの。上級品ほどうまみがある。

深蒸し煎茶

煎茶製造で、蒸し時間を普通より2〜3倍長く蒸してある。味が濃く、甘み特徴。

玉露 

よしず棚等で茶園を覆い、直射日光をさけてうま味をふやし、苦味を抑えて育てたお茶。

蒸し製玉露茶 

茶葉を蒸して殺青(さっせい)し、勾玉(球状・半球状)に揉みながら乾燥させる。グリ茶ともいう。

釜炒り製玉露茶 

茶葉を熱した釜で炒り、酸化酵素を不活性化する製法の緑茶蒸し製とは異なる香りがする。

抹茶 

玉露と同様に栽培し、蒸した葉を揉まずに乾燥した碾茶を臼でひき、微粉にしたもの。茶の湯に使用。

番茶

硬くなった新芽や茎などを主原料とした茶で、製法は煎茶と同じ。

ほうじ茶

番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしさをだしたお茶。

文山包種茶

台湾台北県の文山でつくられる包種茶。緑茶に近い青茶で、ランの花の香りがする。

凍頂烏龍茶

福建省の青茶用のチャを台湾の凍頂山に植えてつくった台湾を代表する青茶です。

紅茶(アッサム)

濃厚で力強い味が特徴。黒みがかった赤い水色で、ミルクティーに向いています。

プーアール茶

代表的な雲南省の黒茶。茶葉を釜で炒って、少し揉んだ後積んで微生物で発酵し乾燥した、後発酵茶。

お茶のあや香園の純国産プーアール茶は、完全発酵させた黒茶です。

■  世界のお茶

日本茶は、千年を越すような歴史を持った国民的飲料です。「日常茶飯」という言葉にあるように、身近な飲み物となっています。

茶の起源

世界で最初に茶を口にした人はだれでしょうか。今から約5000年前の中国の神話に登場します。 本草学の始祖といわれる中国のしん神農帝は、山野を駆け巡り野草を試食し、食べられる食物を人々に教えていました。時には、毒草にあたって苦しみますが、神農帝は茶の葉を噛んで解毒したと伝えられています。茶に含まれているカテキン類は、植物の毒素に多いアルカロイドと結合しやすく、毒を消す性質を持っています。神話とはいえ、茶を解毒に使用したことは理にかなっているわけです。

茶の原産地

茶には、中国種とアッサム種があり、両者の形態や生態が大きく異なるため、茶の原産地は2つの地域に分かれるという説と、両者の染色体数が同じため大差はなく原産地は1つという説があります。その原産地は、中国の四川・貴州・雲南地方とする説、雲南の西双版納(シーサンパンナ)に限定する説もありますが、現在では、中国西南地域を中心とした「東亜半月弧」(とうあはんげっこ)と呼ばれる地域を起源とする説が多数派です。長い歴史の間に、そこから一方は海を渡って日本に、一方はインドや東南アジア山地の各地へ波及したと考えられます。また、雲南省を中心に、西はアッサムから東は湖南省にまたがる地域全体を茶の原産地とする説もあります。

世界の茶の呼び方

世界の茶の呼び方には、“cha(チャ)”と“te(テ)”があります。“ cha ”は、「茶」の広東語の発音である「チャ」に由来します。    茶は、文化交流があった日本・韓国・モンゴルはもちろん、シルクロードを通じた交易ルートに乗り西域に広がりました。これらの国々では、“ cha ”に類似した“ chai・chaya・chay・tsai・syai ”などと呼んでいます。“ te ”は、「茶」を表す古い文字の「荼(ト)」に由来し、福建省では“ te ”と読んでいます。福建省アモイからの茶の海上ルートに乗って欧州に広がり“ te ”に類似した“the・they・thee・tea・tee ”などと呼んでいます。欧州でも、ポルトガルだけは、“ cha ”と呼んでいます。ポルトガルは、茶を植民地だったマカオ(広東省)から輸入していたためこの呼び方になったのです。

各国の茶の呼び方     

地域

文字

呼び方

福建語系

te

マレー

the

テー

スリランカ

they

テーイ

南インド

tey

テイ

オランダ

thee

テー

イギリス

tea

ティー

ドイツ

tee

テー

フランス

the

イタリア

te

ハンガリー

tea

テア

スウェーデン

te

地域

文字

呼び方

広東語系

cha

チャ

北京

cha

チャー

韓国

cha

チャ

日本

chai / sa

チャ/サ

モンゴル

chai

チャイ

ヒンディー

chaya

チャーヤ

トルコ

chay

チャイ

ギリシャ

tsai

チャイ

アラビア

chay

シャー

ロシア

chai

シャイ

ポルトガル

cha

チャ