カートをみる 会員登録・マイページへ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

楽天スーパーポイント,プーアール茶
楽天ペイ

━━ お知らせ ━━ 1ポイント=1円 1ポイント=1円 1ポイント=1円   お買い物は会員登録してからがお得です。 冷茶もおいしい純国産 しずおかプーアール茶は、静岡県川根産茶葉使用の完全発酵茶です。 全品送料無料でお届けしております。(沖縄県・離諸島を除く) 純国産 しずおかプーアール茶 リーフタイプ"あやか” 200g入り 2,800円 一袋で40リットル以上抽出できます。美味しいです。人気急上昇中です。お茶専用ドリップフィルターとティースプーンが付いてます。 新規会員登録(無料)で150ポイントプレゼント。初回お買い物からご利用いただけます。 純国産 しずおかプーアール茶・有機栽培茶ご購入のお客様へ、外装ラッピング・のし紙を無料ご提供中。ご希望の方はご注文時に該当項目を選択してください。 お茶のあや香園・・・おちゃのあやかえん

国産 プーアール茶 国産 プーアール茶 国産 プーアール茶


お茶の伝来と開拓

■ 日本最古のお茶は・・・

中国からお茶が伝わったのは、最も古い記録は『日本後期』にあります。弘仁6年(815)、嵯峨天皇一行が行幸の途中で近江の梵釈寺に立ち寄った時に、大僧都永忠がお茶を献じたとあります。永忠は、奈良末期に唐に渡り、30年余を唐で過ごし喫茶法を学んだとされる僧侶です。                                                                         弘仁6年に嵯峨天皇は、大和、近江、丹波などで茶栽培をさせたとあります。茶栽培のきっかけは、栄西禅師が中国から種を持ち帰ったことだといわれていますが、以前から日本には茶栽培があったことがわかります。

栄西禅師

栄西は臨済宗の開祖といわれる名僧で、2度の渡宋により臨済禅を学び帰国しました。茶の種を持ち帰り、筑前(福岡)の脊振山(せふりやま)に茶を栽培したのが起源といわれます。しかし、前述のようにすでにそのころ各地で茶の栽培がされていたことがわかっています。また、帰国した7月には種が発芽しないことなどから、茶の苗を持ちかえたとする説が有力です。栄西は、建仁2年(1202)、源頼家から寺域を与えられて京都に建仁寺を建立しました。その後、高山寺の明恵上人に茶の種を送ったことから、京都に茶の栽培がはじまりました。また、鎌倉に寿福寺も開山しており、東国にもお茶を広めるきっかけをつくったのです。                                                                                               そしてもう一つの大きな功績は、日本最古の「喫茶養生記」を著したことです。これはもともと医学書として書かれたもので薬としての効能を述べています。

■ 牧之原台地開拓

静岡県牧之原台地は、日本有数のお茶の産地です。ここは、江戸末期まで作物の育たない荒地でした。江戸末期まで、お茶は主に山間地で栽培されていましたが輸出が始まり需要が増え、牧之原台地を茶園にしようと、開墾が始まりました。開墾に従事したのは、明治維新で職を失った士族でした。もう一組の開拓団は、大井川の川越制度が廃止され、人足たちは牧之原の開墾にくわわりました。現在の牧之原茶園は5000haの内、旧幕臣らによる入植面積は1470ha、川越人足によるものは、200haを占めています。

参考資料:NPO法人 日本茶インストラクター教会発行  日本茶のすべてがわかる本